裏地付きカーテン

【裏地付きカーテンは遮光性・遮熱・遮熱性を高めて省エネに!】

遮光性を高める、遮熱・保温性が高まる裏地付きカーテン

裏地付きカーテンは、ドレープカーテンの裏面に生地をつける事でデザインはそのままに、機能性を高める事が出来ます。
非遮光カーテンに遮光機能のある裏地を縫い付けることで遮光性を高めます。
またカーテンが二重になることで、表地と裏地の間に空気層ができ、夏は暑いひざしによる熱を緩和し、冬は外からの冷気を空気層が遮断してくれる効果が期待できます。冷暖房効果が上がるため、省エネにこつながる嬉しいカーテンです。
日中居る時間が長いリビングや、光を遮りたい寝室などにおすすめのカーテンです。